​はじめまして、自称節税大家の安田です。
 
昨今の不動産投資ブームに乗っかりまして、私自身も、某金融機関に勤めながら、アパートを買い進め、現在関東圏を中心に木造アパート3棟、重鉄1棟を保有しております。つぎはRC!と鼻息あらく意気込んでいるところですが、RCになるとなかなか表面利回りが寂しくなってしまいますので、なんとも二の足を踏んでしまします。融資が長く引ければCFは出るのですが、やはりビビりなもんで。。。
 
​さて、本題に入りまして、そんなビビりの私だからこそ、投資には慎重に慎重を重ねて参りましたが、その中で、一つ大変重要なことを皆さんにお伝えしたいと思います。
 
ずばり、「節税」です。
 
節税ほど、リターンが確実な投資手法はありません。
なかでも、不動産投資において、圧倒的なインパクトを持つのは、皆さんご存知の通り、消費税還付です!
消費税還付は過去の自動販売機スキームが封じられてから、新設法人の設立段階から含めた綿密なタックスプランニングが必要になりました。
​中でも、消費税還付スキームに必須の金の地金の売買は、(あとはすべて税理士先生に丸投げしてしまっているので。汗)不動産投資家本人がやらなくてはいけない最も面倒な作業です。
 
 
 
 
 
 
​ここでは、私が金の売買を行った経験を元に、おすすめ地金業者を三社ご紹介したいと思います!
​主に、三つの観点でA~Cで評価して比較をしていきたいと思います。
①手間 ②コスト ③信用度
わがままを言えば、手間をかけずに、安いコストで、信用力のある業者と取引をしたいものです。しかし、世の中そう上手くはいきません。まあ、一言でいえば、重視する点に応じておすすめ業者は異なるということですね。

​田中貴金属で金の売買をしてみた件

​さて、金といえば田中貴金属!
伝統があり、日本有数の貴金属業者で銀座などにも店舗を構え、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
​①手間: C
田中貴金属の取引に関わる手間の評価は「C」です。
田中貴金属では、購入は電話で取引が可能です。また、購入に関しては、金額にかかわらず本人確認書類等の提出の必要はありません。
ただし、売却については店舗に赴き、かつ、200万円以上の売却についてはその都度、本人確認手続きが必要です。
やはり、消費税還付スキームでは、金の売買を繰り返さないといけないので、毎回、店舗での対面の手続きが必要なのは、いささか骨が折れますね。
保管サービスがある点は使いやすいです。
②コスト: C
ズバリ、取引コストは高いです。
取引コストは、一言でいえば、その日の、販売価格と買取価格の差額(スプレッドと言います)のことです。このスプレッドが低ければ低いほど、業者の儲け(つまり、販売価格-買取価格=手数料)が低いので、投資家にとっては、少ないコストで取引をできることになります。
田中貴金属は、三菱マテリアル等の他の大手地金業者と並んで、スプレッドを税込87円/gに設定しています。つまり、今日購入した場合、金の価格が動かなかったとして、明日売り戻したとすると、コストが87円/gかかってしまいます。(ちなみに、三菱マテリアルは消費税還付目的の金の売買は受け付けてもらえません。)
これが、取引の金額が大きくなるとボディーブローのように効いてくる金額になるんです。
​③信用力: A
​田中貴金属に関して、信用力は言うまでもありません。企業規模・知名度からして、未上場企業ながら一部上場企業並みの信用力があります。
おそらく、金の売買をした後、自宅に保管するよりも田中貴金属に保管をお願いするほうが、盗難リスクが無くて安全かもしれませんね。
 

第一商品で金の売買をしてみた件

​第一商品は中堅の貴金属業者ですが、そのビジネスモデルは独特です。大手地金業者のように自社で金の地金を作ることはありません。商品市場に出回っている地金の売買の取次ぎを行っております。つまり、プロの市場と小売りの市場の橋渡しをしています。そのため、少量の地金は取り扱っておらず、1kgの金の地金(約500万円程度)が最小の取引単位となります。
​①手間: C
第一商品の取引に関わる手間の評価は「C」です。
第一商品は担当の営業マンが一人専任としてついてもらえます。そのため、疑問点や本人確認手続きなどを専任の営業マンがサポートしてくれます。大手の業者では、電話に出る人によって同じ質問をしても答えが違うなんてことはよくありました。専任の営業マンは、例えばサラリーマン大家さんであれば、金を売買した後の現物の受渡しのために、ランチタイムにオフィス近くまで出向いてくれたりします。
ただし、最低取引単位が1kgであり、一回の取引で必ず200万円を超えるため、その都度の本人確認手続きが必要になります。また、保管サービスを行っていないため、売買の都度、現物の受け渡しが必要になります。このやり取りが何往復もあるのでものすごく面倒です。
②コスト: B
第一商品は大手地金業者と比べて、スプレッドが税込55円と低く設定されています。しかし、最小取引単位が1kgなので、それなりに大きな資金が必要です。一度の取引金額が大きいため、購入後に金価格が下落した場合の一発のダメージが大きいのも難点です。
​③信用力: B
1980年代から金中心の事業を強化し、設立から40年を超える中堅の貴金属業者です。知名度としては大手貴金属業者には劣るものの、スプレッドの低さから、金投資を行う富裕層には名前が知られている業者です。専任の担当者が付いてもらえる点なども信用力アップにつながりますね。
 

オーナーズゴールドトレードで金の売買をしてみた件

大家仲間から教えてもらったオーナーズゴールドトレードです。ネット専業で不動産投資家向けに金の売買を行っている業者ですが、使い勝手が良いせいか、私の周りでも使っている方が特に多い業者です。手間がかからないので、金の売買に時間をかけられない大家さんに重宝される存在です。
​①手間: A
最初にHPから問い合わせをしてしまえば、あとは各種手続きが、メールだけで完結するので大変スムーズです。いちいち店舗に行く手間も省けます。
 
また、無料の保管サービスを行っており、現物の受渡しも必要ないので楽です。他の二社と比べると、全く手間がかからないので、大家仲間がリピートするのも納得です。
②コスト: A
税込スプレッドが業界最安値の税込47円に設定されており、取引コストを圧倒的に低く抑えられます。
さらに、オーナーズゴールドトレードは、取引量を100g単位で自由に設定できます。
特に、手元資金を抑えたい方には最適です。少額で往復売買を繰り返すときに威力を発揮しますね。
​③信用力: C
不動産投資家以外には知名度がない業者なので、最初に取引をする際には少し勇気がいりますね。古物商の免許をとっていることもあり、問合せの対応が大変丁寧でしたので、個人的にはあまり心配せず取引できました。まあ、多数の大家仲間が使っていたというのが一番大きい安心材料でしたが。
 

​オススメ地金業者のまとめ

さて、オススメ地金業者3社を紹介いたしましたが、それぞれ一長一短です。
​何を重視するかによって使う業者は違ってくるとおもうので、ランキングでまとめてみます。
​三社で金の取引をしてみた結果、オーナーズゴールドトレードが一番手間が少なく、低コストでスムーズに取引ができたので、総合一位です。特に、わざわざ金の地金の売買や、本人確認手続きで店舗に行く時間を確保できないサラリーマン大家さんや、店舗が近くにない地方の大家さんにはおすすめですね。
★オススメ総合ランキング
★コストランキング
オーナーズゴールドトレードは、業界最小の税込みスプレッド47円を設定していて、売買単位も自由に設定できるので、最小限のコストで金の売買を完了できます。​第一商品の場合は、オーナーズゴールドトレードに次いでスプレッドが低く、手元資金が潤沢で、売買の都度、地金の受渡しや、対面での本人確認手続きの時間を確保できる方におすすめです。田中貴金属は税込みスプレッド87円ですので、取引コストはかなり高いです。
★手間ランキング
★信用度ランキング
​こちらのランキングは、言うまでもなく、田中貴金属が一位ですね。知名度と企業規模は三社中トップです。
手間の簡潔さは、圧倒的にオーナーズゴールドトレードですね。第一商品は専任の営業マンが付いてくれるものの、保管サービスを提供していないので、3位にランクされています。
 
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon